神奈川県川崎高級ソープランド・曼陀羅

18歳未満(高校生含)の方のご入場は固くお断り致します。EXITよりご退場ください。

Copyright© 川崎 高級ソープランド|Mandaraallrightreserved

川崎のソープランドについて


川崎にはソープランド街があります。堀之内と南町という2つのエリアに分かれています。
歴史は古く遊郭と呼ばれる時代から明治大正昭和平成とずっと続いております。

有名なソープ街だと東京の吉原などが有名ですがここ最近になり吉原もかなり衰退してきていると噂をよく聞きます。
そこで東京からのアクセスのよい川崎のソープが最近とても注目されお客さんも増え次第に女の子の質や店の質も上がってきているようです。
といっても新規にお店を立ち上げることが法律上できないためお店の数が増えることはありませんがオーナーが変わったり店名が変わったりと今でもリフレッシュを続けているソープ街になると思います。
また川崎のソープは吉原に比べると店舗も綺麗で広いお店が多いです。

そのようなこともあり現在は吉原を凌ぐ人気エリアとなっているようです。
川崎ソープではJR川崎駅、京急川崎駅から送迎はほとんどのお店で完備されています。
ウィキによると2013年には55店舗存在しています。現在ではどこのソープにいっても当たり前のサービスとなっているマットプレイですがこの川崎が発祥のようです。


川崎のソープが気になってきたらまずはインターネットでお店を調べることをおすすめします。
現地にいって写真を見せてもらいながらその日遊ぶ人を決めるのも楽しいですが非効率的です。
インターネットでプレイ料金、出勤情報などを確認して予約していったほうが当日はスムーズですし余計な心配が減りプレイに集中できるでしょう。
安くない料金を支払うので当日はコンディション整え万全を期して川崎へいくことをオススメします。


現在川崎ソープの価格帯としてはいわゆる大衆店が60分20000円前後のお店からあります。高級店では90分40000円~あり吉原と比べると少し安いイメージです。
説明するまでもないですが川崎のソープでも入浴料とサービス料は別です。ほとんどのお店のホームページには入浴料しか記載がありません。
入浴料が20000円の場合、お店に入店した際にまず20000円を支払い、部屋に案内され女の子に直接サービス料を支払うシステムです。
サービス料に関してはお店に電話して聞くことができますが大体の相場としては入浴料と倍の金額ぐらいになることが多いようです。


川崎ソープへ行った際にはぜひオススメしたいのがやはり高級店でのお遊びをオススメいたします。
風俗の王様とも呼ばれるソープランドでその醍醐味を味わえるのはやはり高級店になると思います。
高級店ともなると女の子のお出迎え時には各店舗バラバラではありますが正座して三指ついてお出迎えされたりと本当に王様になった気分が少し味わえます。
服を脱ぐときもすべてアシストしてくれますし靴下を脱ぐ時すら手伝ってもらえます。もちろん脱いだ服もキチンとたたんでくれますしいたれりつくせりです。


川崎ソープのプレイ内容としては基本的には吉原やその他のソープ街と差はありません。
部屋に入ってからは高級店では即即が基本でしょう。シャワーを浴びるというワンクッションがないだけでも興奮度の度合いが違うと思います。
持ち上がった気分に水を刺されることがなく高まったテンションのままで即フェラからのベットでの1回戦はもっとも気持ちいパターンではないでしょうか。
そのあとはシャワーをあびますがもちろん担当嬢の全身を使って洗ってくれます。

ほとんどの店舗にスケベ椅子が置いてあるので隅々まで洗ってもらえます。そのあと浴槽に浸かり身体を温めます。
やはり家で入るお風呂とは一味違う気がします。気が利く子だとココでジュースやビールなど注文してくれたります。高級店の場合飲み物の料金はかかりません。飲み放題です。
お風呂に浸かりながらビールを飲む。最高ですね。

ぜひそのときは潜望鏡をやってください。ソープの醍醐味の1つです。
浴槽に浸かり腰を少し浮かせて水面からアレを出すだけですね。その状態でのフェラが潜望鏡です。
これといってすごい気持ちいい訳ではないですがソープへ来たという実感が湧く人も多いでしょう。

そのあとはソープの醍醐味ナンバーワンのマットプレイを体験してみましょう。
気持ちいいのはもちろんですがやはり女の子の動きが信じられないような動きが多いので最初は驚かれることでしょう。
ぬるぬるとしたローションの吸い付くような感覚はなかなか他では味わえない感覚です。ここではひたすら受け身に徹してローションプレイを楽しんでください。
1回戦目が即即で2回戦目がマット。90分ぐらいだとこの辺で最後に談笑して終了というパターンが多いと思います。
元気があれば最後の短い時間でまたベットに戻りあと1回ぐらいできる人もいるかもしれません。無料のジュースや感想などを伝えてプレイ終了となります。

川崎ソープの1連の流れはこのような感じになります。
最後にロビーに戻りお店のアルバムなどをみせてもらって呼ばれたら送迎の車で川崎駅まで送ってもらいましょう。


高級店にいくお金がない!そんな大金風俗に払えない!という方、もちろん川崎には大衆店もたくさんあります。
大衆店の魅力といえばやはりその安い料金体系です。コース時間も短めから用意されていますのでさくっとスッキリしたい人にオススメです。


川崎の大衆店の相場としては60分20000円程度で遊べます。高級店ほどの至れり尽くせりのサービスはありませんが基本的なサービスは同じです。
注意点としてはソープの醍醐味のマットプレイがないお店も大衆店の中にはあります。これにはご注意ください。
マットなんていらないよっていう方は問題ありませんがソープといえばマットでしょという方はマットプレイがあるかないかのチェックは必須です。

高級店に比べると部屋の質や広さ、スタッフの対応などもそこまで良くはありませんが気になる程度ではないかと思います。
考え方次第ではありますが総額30000円のお店に2回行くのと総額60000円のお店に1回いくのではどちらが満足度が高いかという感じです。
千差万別、状況やタイミングで変わってくると思います。

大衆店の中にも高級店に在籍していそうなとてもきれいな方はいますし高級店の中にも大衆店に在籍していそうな方はいます。
写真などでは選ぶことはできますがご存知のように今は技術が上がっていわゆるパネマジという写真と全然違う人が来たなんて日常茶飯事です。
こればかりは運もありますし事前の調査が大事です。ネットでは現在クチコミサイトやブログなどで川崎ソープにまつわる情報がたくさんあります。

どこどこのお店のこの子はこんな感じでした。というように体験談的なものも多数あります。
どこまでその情報を信じるかはとても難しいですがもし川崎ソープへ行こうかなと思ったらある程度は調べたほうがいいと思います。
風俗遊びにはたくさんのトラップが存在しています。
年齢詐称・偽おっぱい・刺青の有無・写真加工等々。あまり神経質になる必要もないと思いますが安くはない遊びです。慎重に選択したほうがいいでしょう。
お店の数も川崎だけでもたくさんあり選べる選択肢は多いです。
インターネットなどで情報を収集してどの店のどの子にいこうかなと夜な夜な探すのも楽しいはずです。

そしてある程度目星がついたら実際に川崎のソープ街へ行くことになると思いますがそこで注意点がひとつ。
川崎のソープ街にもいろいろなお店の客引きがたくさんいます。
日々の情報収集の結果、めぼしのお店を目指して歩いたりしているとどんどん客引きから声がかかります。しかもとても魅力的な言葉をいろいろ行ってきます。

その誘惑に負けじゃ写真だけでも見てみようかなとお店に入ってしまうとどんどん進められてせっかく情報収集をして吟味に吟味を重ねて決めていたお店があるのにその途中の客引きから呼び込まれた情報がまったくない店で遊ぶことになる可能性が高いです。
しかもその写真がパネマジだったときにはもう立ち直れないほどの絶望感に襲われるでしょう。
なので、目星がついているなら川崎駅から歩かずに予約して送迎を依頼したほうがいいと思います。

送迎のないお店であれば断固たる意思を持ってそのお店に向かいましょう。
しかし客引きをしているお店が全部ハズレではありません。運がいいと大当たりな場合ももちろんあるはずです。


まとめると川崎ソープで遊ぶ場合には大衆店だろうが高級店だろうが事前に情報を収集することが今は可能なので十分調べたほうがいいでしょう。
調べていった結果、十分満足できれば最高ですがもちろん外れることもあります。あとは自分なりの楽しみ方で川崎のソープを楽しんでみてはどうでしょうか。